《クレストコート》が選ばれる理由

WHY CHOOSE “CRESTCOURT”

オーナー様に《クレストコート》が選ばれている
4つの理由

POINT 1
担保評価、流動性、安定性
などに優れる資産
東京の好立地に建つ一棟賃貸レジデンス《クレストコート》。
ファイナンス担保評価、リセールバリュー、流動性(換金性)、ボラティリティ(安定変動制)など、類似の投資資産に比べ《クレストコート》の優位性が評価されています。
POINT 2
高い稼働率
《クレストコート》は、建物建設中から賃貸営業部門と社内連携し、リーシングを開始。竣工直後から高い稼働率を誇ります。確かな品質ときめ細かなプロパティマネジメント(賃貸運営管理)により、長期にわたり高い稼働率を維持しています。
POINT 3
節税効果
不動産は現金に比べ資産評価額が圧縮され、相続税が軽減されます。
なかでも《クレストコート》は「小規模宅地等の特例」の適用により節税効果を高めることが可能な資産です。法人の場合は、法人名義での購入・所有とすることで、法人株式での相続という手法により、さらなる節税効果が期待できます。
POINT 4
徹底した品質管理による
安心の実績
建物品質の要である設計・施工段階において、一級建築士や一級施工管理技士などの有資格者およびゼネコンでの現場経験者など、専門技術者による徹底した品質管理を実施しています。《クレストコート》の品質と実績を評価いただき、2棟目をご購入いただいたお客様もいらっしゃいます。
Image photo

相続税の大増税時代を乗り切るために

不動産による資産圧縮効果を活用した節税対策をお勧めします。
不動産の相続税評価額は、実勢価格(購入価格)より低く、現金にくらべ相続税が大幅に軽減されます。

個人様向け4億3,000万円の賃貸用マンションを現金で購入した場合
単位:円
賃貸マンションを利用すれば、もっと節税ができる!
評価額が下がる
1棟マンションを購入し、賃貸することで、相続税は1/4以下軽減されます。
※上記は一定の想定と前提条件のもとでの試算です。詳しくは弊社担当までお問合せください
※過度な相続税対策を目的としたマンション購入については、評価額と時価が大きく乖離しているため、近年購入目的や利用目的にとっては、
税務当局によって否認された事例があります。詳細は税理士等にご相談ください。
法人様向け4億3,000万円の賃貸用マンションを自己資金50%:銀行借入50%で購入した場合
単位:円
法人で所有すれば、もっと節税ができる!
不動産取得後 不動産取得後
法人名義にて不動産を購入し、
相続財産を法人名義株式評価することにより、さらなる節税効果があります。
※上記は一定の想定と前提条件のもとでの試算です。詳しくは弊社担当までお問合せください
※過度な相続税対策を目的としたマンション購入については、評価額と時価が大きく乖離しているため、近年購入目的や利用目的にとっては、
税務当局によって否認された事例があります。詳細は税理士等にご相談ください。

お客様の事例

購入者実例 01
ご購入者様地方の老舗事業会社様
ご購入物件クレストコート押上
ご購入者様は、将来の事業承継を念頭に持株会社を設立、バランスシート上の資産圧縮を目的に収益不動産の購入を検討。なかでも圧縮効果の高い東京の物件情報を探しており、当社のパートナー案件《サンイング飯田橋》をご購入いただきました。
複数の競合物件のなかで、決め手になったのが物件の立地と商品性。あわせてリーシングやプロパティ・マネジメントなどの賃貸運営・管理に関しても弊社が受託しました。同社はその後に買い増しを希望され、建築中であった《クレストコート押上》をご購入。当社案件の品質の高さとリーシング実績などが評価され、2棟目の購入に至りました。
本事例から導き出されるソリューションのポイント
資産圧縮には東京・都心の不動産が有利でリスクも低い
メリットその1
資産評価額を下げるには、路線価における借地割合が高い東京・都心の物件が有利
メリットその2
市場規模が大きく、人口増など需要が旺盛な東京の不動産の方が、地方に比べ空室リスクが低い。また万が一、物件を売却する場合も、東京のマーケットの方がプレーヤーが多く、流動性が高く、換金性がある。
購入者実例 02
ご購入者様都内に複数の不動産を所有する地権者様
ご購入物件クレストコート蔵前
ご購入者様は、ご自身の相続税対策のため、償却効果が高く、かつ借り入れの際の担保評価が高い新築一棟物件の購入を検討しており、《クレストコート蔵前》をご購入いただきました。
購入後の賃貸運営などの煩わしさや空室リスクを回避したいとのご希望により、弊社は社内の賃貸セクションと連携のうえ、一括借り上げシステムをご提案し、パッケージでご契約いただきました。
本事例から導き出されるソリューションのポイント
新築一棟レジデンス《クレストコート》の優位性
完全所有権の方が区分所有権よりも、金融機関から借入する際、高い担保評価が得やすい
レジデンスは収益変動性(ボラティリティ)が低く、安定している
一定期間保有後に売却処分する場合も新築一棟物件の方が市場での流通量が多く、リセールバリューが高い(売りやすい)
ご相談・お問い合わせはこちら